活動の記録

お知らせ

はい!やっております。

危ないあぶない、もう少しでまた半年空けてしまうところでした。

期限ぎりぎり(OUT)のところでブログと向き合う自分を用意できました。

文章力なくて、だらだら長く書くもんだから

書きだすまでの準備体操も長かったりするんですよね。

勉強しようと決めて、つい机の掃除を始めちゃうアレです。

私はだいたい、一日目は掃除で終わっていました。

勉強と違って、ブログは始めると楽しいんですけどね。

 

今回は、ちょっとしたお知らせブログにさせていただけますと幸いです。

端的に言ってしまうと

「弊社のInstagramアカウントでお客様の写真を掲載していきます」

という、なんてことないお知らせだったりするのですが

そこに至った経緯を少しだけ書かせていただけると嬉しいです。

まぁ、ちょっと、聞いとくれ。

 

弊社にはInstagramのアカウント(@the_darkroom_int)があります。

これが、まぁ…最近は機能していない状態にありました。

ホームページ上にリンクがないほどひっそりと始めたこともあって

存在感の薄さから段々とおざなりに…というわけでもなく

いろいろな事情で更新ができない状況にあったのですが

そのまま放置しているのもよくないなぁ、と前々から思っていました。

 

そんな中、実は今年(2019年)の6月で

ザ・ダークルームは20歳の誕生日を迎えることとなります。

これもひとえに、ご愛顧いただいております皆様のおかげでございます。

熱くお礼申し上げます。

 

20歳といえば成人です。

もう立派な大人。

ザ・ダークルームがこの歳を迎えられるのは

大変幸せなことに、たくさんのお客様に可愛がっていただき

成人になるまで育て上げていただいたからです。

そんなザ・ダークルームが次にやることは

親代わりのお客様たちに孝行をすることだと思いました。

初ボーナスを親に渡したりするアレです。

ちょっとカッコつけてやっちゃうやつ。

 

しかし、正直に申し上げて昨今本当に厳しい状況にあって

万年金欠太郎ザ・ダークルームには

物を作ったり、イベントを開いたりする体力はありません。

20歳で中身は90歳くらいにヨボヨボだったりします。

でも、何かしたいなぁ、という思いはグルグル頭の中で回っていました。

そんな時、「何かしたい」と「放置スタグラム」が運命的な衝突を果し

新たな星が生まれました。

「そうだ!Instagramでお客様の作品を紹介していこう」

「これなら金がかからないぞ!」

 

本当は、もう少し大がかりなことを行いたかったのですが

しょぼい企画で大変申し訳ないです。

ただ、これを始めたい理由というのは、ちゃんとあったりします。

 

一つ目の理由は、お客様の中にはSNS等にはあまり親しみがない方もおられ

そういった方々が写真展の機会にしか、自分の作品を世に出さないのは

とても勿体ないな、と日々の業務の中で切実に感じていました。

なので、弊社からお客様の紹介ができるような場を作れればと思ったのです。

お写真と共にHPを持たれている方はHPアドレス

直近に写真展開催の予定があればその情報を合わせて載せることで

ほんの少しでも、お客様の活動のお役に立てるのかなと考えました。

 

二つ目は、お客様同士での交流の糸口になれば、というのがありました。

暗室で会ったことはあるけど、お話ししたことはないといった場合に

Instagram上で作品の雰囲気を汲み取ったり

それ自体を話題として、話すきっかけになったり

お互いの刺激になるような機会が生まれたりすると嬉しいなぁ、と思いました。

 

そして三つ目。

これが一番重要です。

 

面白そうだから。

 

はい。

本当に単純な人間であります。

Web上ではありますが、普段はなかなか出会わなかったり

一緒に写真展をやることがなかった方々の写真が

弊社のアカウントという一つの空間に集約されるというのが

個人的になんとも面白そうだな、と思ったのです。

お客様コレクションみたいな感じで(笑)

実際、作業をしている私も非常に楽しいです。

結局、私利私欲じゃねぇか、というオチなんですが(笑)

 

もちろん綺麗ごとだけではなく

この企画は弊社の広報的な意味合いも含んで行っています。

でも、それよりなにより単純に面白そうだったんです。

いろいろなお客様の写真をまとめて見ることができるのは

水洗小僧である私の、いわば特権みたいなものだったのですが

それが意外と楽しいから、皆様にも体感していただけないかな、と思っていました。

また、そうやってまとめることでザ・ダークルームを育ててくださった

いろいろな親(お客様)がいらっしゃることを、広く知っていただきたかったのです。

貧弱成人ザ・ダークルームの

せめてもの愛情表現だと思っていただけますと幸いです。

ですので、今後弊社のInstagramはお客様の写真を

掲載していく場として活用していこうと考えております。

 

ちなみに弊社のSNSは

 

Facebook → 割と公式的な立ち位置

Twitter → ポエティック

Instagram → お客様の写真掲載の場

 

という住み分けになっています。

私が勝手にそうしているだけなのですが(笑)

 

不定期での更新にはなってしまうと思いますが

もし宜しければ、ぜひ弊社のInstagramアカウント @the_darkroom_int を

フォローしていただけますと幸いです。

また、弊社にお越しいただいた際に、私含めスタッフから

この企画のご案内とご協力のお声掛けをさせていただく場合があるかと存じます。

その際は、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

もちろん強要するような内容ではありませんので

気がのらない場合は、その旨を気兼ねなくお伝えください。

この企画の根源は「こんな素晴らしい親がいるんだぞ!」と

誇りたい子の気持ちですので。

 

 

ポエティック神谷

Posted in

ページのトップへ戻る